Allen&HeathはSQミキサーを完璧な小型モニターコンソールにするための機能拡張を発表しました。

 

SQファームウェアV1.3にはリッスンバスが追加され、エンジニアがPAFLをIEMシステム、ステレオニアフィールドモニター、またはモノラルウェッジにパッチすることができ、マスターフェーダーでリッスンレベルをコントロールするオプションがあります。 PAFLに外部入力を追加することで、エンジニアはFoHとモニター間の通話を容易に行うことができます。

Allen&HeathはWaves SoundGridオプションを追加してネットワークカードを広げました。 SQ Wavesカードは、I / Oポートを使用してWaves SoundGridネットワークに64x64 96kHzまたは48kHzインターフェイスを持つSQミキサーを提供します。

 

エンジニアはWavesプラグイン処理、マルチトラック録音(96kHzまたは48kHz)、バーチャルサウンドチェック、およびオーディオ配信アプリケーション用に、Wavesカードを任意のSQミキサーに搭載することができます。

Allen&HeathはSQデジタルミキサーシリーズ用の新しいSLinkオプションカードを発表し、FOH /モニタースプリット、放送、録音などの可能性を広げました。

 

オプションのカードは、内蔵のSLinkポートと同じ機能で、さらに128入力と128出力のデジタルオーディオを提供し、完全に独立して動作します。 2つのSLinkポートを使用すると、MEのパーソナル監視システム、DXまたはdSnakeエクスパンダーを含む、Allen&Heath製品をSQと組み合わせることが可能になりました。

Allen&Heathは、待望のSQ Danteカードを発売します。 SQはDanteネットワークに64x64チャンネル、96kHzインターフェースを提供する初めてのコンパクトミキサーです。

 

SQ Danteカードを搭載したSQミキサーは、不要なサンプルレート変換やレイテンシーを追加することなく、Danteネットワーク上の96kHz アンプ、インターフェース、その他のデバイスにシームレスに接続できます。

ALLEN&HEATH SQ-7発売 さらに大きく

Allen&Heathは、96kHz SQシリーズで新たな33フェーダー・フラッグシップ・コンソール、SQ-7を発表しました。

 

新しいSQ-7は、強力なXCVI 96kHz FPGAエンジンを採用し、拡張された制御とI / Oをより大きなフォーマットで追加します。33フェーダー、32オンボードプリアンプ、16個のカスタムソフトキー、8個のユーザー設定可能なソフトロータリーコントロールを備えています。

SQ-7は48チャンネルのコンソールで、ポータブルなDX168 96kHzステージボックスを含むリモートI / Oエクスパンダーと完全に互換性があります。

SQ V1.2ファームウェアリリース

クラス最高 AMMと拡張オプションを追加

Allen&Heathは、主要なファームウェアアップデートの一環として、SQデジタルミキサーシリーズの新しい拡張およびオートマチックマイクミキシング(AMM)機能を導入しました。

 

SQ V1.2ファームウェアは、複数のDX168ステージボックスエキスパンダーをSQミキサーに接続できるハードウェア拡張ハブであるDX Hubをサポートしています。 DX Hubを使用すると、SQユーザーはステージから48チャンネルすべてを96kHzでソースするか、必要に応じて最大8台のポータブルエキスパンダーを使用できます。

Allen&Heathは、ライブサウンド、AV、およびインストール用の新しい96kHz SQシリーズのデジタルミキサーを発表しました。

 

SQ-5とSQ-6ミキサーは、Alen&Heathの画期的なXCVI 96kHz FPGAをベースにしており、レイテンシーが<0.7msのクラス最高の高解像度オーディオを提供します。SQ-5には16個のオンボード・プリアンプと17個のフェーダーがあり、19インチのラックマウントが可能です。SQ-6は24個のプリアンプと25個のフェーダーを備えています。両方のコンソールは、リモートエクスパンダーを介して最大48入力に拡張でき、オプションのDante、Wavesおよびその他のカードフォーマット用のオーディオネットワークスロットを備え、システムインテグレーション、FoH /モニタースプリット、マルチトラック録音を可能にします。

16チャンネルのME-500パーソナルミキサーが、Allen & Heath MEパーソナルミキシングシステムに加わりました。ME-500は、礼拝、レンタル会社、オーケストラに向けたパーソナルモニターとして設計されており、ミュージシャンが16ステレオまたはモノラルソースから独自のモニターミックスを素早い設定を可能にします。

新しいミキサーは、MEシリーズ、ME-1(40チャンネル)と同様コンパクトで、セットアップとコントロールがより簡単になりました。MEシステムは、Allen&Heathのデジタルミキサーレンジと互換性のあるプラグアンドプレイで、ME-Uハブ経由で他社のデジタルコンソールと相互性があります。

あらゆるところにミキサーを

Allen&Heath は、dLive S Class とdLive C Class のV1.50 ファームウェアをリリースしました。この最新のアップデートでは、劇場、フェスティバル、その他の複雑な内容のニーズを満たすべく、シーンシステムが複数改善されまた追加されました。

 

アップデートシーンシステムには、改良されたManual モードや新しいAuto-Tracking モードなど、多くの拡張機能があり、Absolute モードまたはRelative モードの両方の変更を適用できます。さらに、Recall Filters およびGlobal Safes には、パラメータ制御の範囲と精度を強化したGUIが搭載されています。シーンをUSBからインポートできフェスティバルに適したツールも追加されています。

4つの新しいAES3 I / Oカードは、2in / 8out、4in / 6out、6in / 4out、および10outのI / Oフォーマットで提供され、デジタルパッチのために便利なソリューションを提供します。 PAシステム、モニターアンプおよびスピーカーコントローラー、またはコンソールに接続可能です。カードの出力サンプルレートは96kHz、88.2kHz、48kHz、44.1kHzの間で切り替えられ、入力は、サンプルレートコンバーターを搭載し32kHzから192kHzまで対応します。

 

新しいsuperMADIカードとAES3カードは、あらゆるdLive SクラスまたはdLive C クラスのサーフェイスまたはMixRackのオーディオネットワークスロットに装着できます。

dLive C Classは、Allen&HeathのフラッグシップであるdLive S Classミキサーを駆動する96kHzの同じFPGAコアであるXCVIに基づいており、クラス最高のコンプレッサーとプロセッシングエミュレーションをインプットとミックスチャンネルに直接埋め込むことができるDEEPプロセッシングアーキテクチャーを共有しています。新しいラインナップには、初めての19インチラックマウント型dLiveサーフェス、超小型C1500が含まれています。

下取りキャンペーン実施中!!

ALLEN&HEATH 旧機種をお持ちのユーザー様向けのキャンペーンとなっております。

今ご使用中のALLEN&HEATH 旧機種を弊社にて査定下取りし

最新のdLive、GLDシリーズをお得なお値段にて提供させて頂きます。

BELDEN製イーサコンケーブル プレゼントキャンペーン中!!

dLiveシリーズをご購入頂いた方にBelden製イーサコンケーブル

を無償サービスさせて頂きます。

Copyright(C)2016

All Rights Reserved