Avantis_TOP

IT’S A SMALL STEP TO A GIANT LEAP

96kHz XCVI FPGAエンジンに基づく3番目のミキサーであるAvantisは、デュアルフルHDタッチスクリーンContinuity UIを備えた非常に柔軟なワークフロー、広範囲な I / Oオプションを備えたスタンドアローンの64チャンネル/ 42バスコンソール(構成可能)にすべての次世代テクノロジーを搭載しています。フラッグシップであるdLiveミキシングシステムより add-onプロセッシング、そして頑丈なフルメタルシャーシを使用しています。

 

Avantisへのステップアップは、新時代への飛躍です。

 

– 96kHz/64チャンネル/42バスデジタルミキサー

– 完全に構成可能なミックスバスアーキテクチャー

– XCVIコア – 0.7msレイテンシー/フェーズコヒーレント

– CONTINUITY-UIを備えたデュアルフルHDタッチスクリーン

– EVERYTHING I/O – 広範囲なリモートエクスパンダー

– フラッグシップであるdLiveのDPACKアップグレード可能

– 超強力で軽量なフルメタルシャーシ

 

 

 

 

 

 

Overview Videos

Avantisを知る。ジャックによる概要の紹介です。

 

 


 

 

CONTINUITY UI

鮮明な1080pフルHD解像度で動作する巨大な206平方インチの画面により、Continuity UIを使用すると、重要な情報を表示して即座に操作でき、コントロールとディスプレイ間のシームレスな接続が可能になります。

フェーダーはタッチに反応して、アクティブなチャンネルをすぐにハイライト表示し、即座に視覚的なフィードバックを提供します。

チャンネルロータリーを使用しゲインやパンを操作し、ボタンを押すだけでディスプレを折りたたみ、バンク全体のEQまたはコンプレッサーのパラメーターを表示できます。

各画面の右側にはFastGrabタブがあり、現在選択されているチャンネルまたは特定のチャンネルのAuxセンド、EQ、コンプレッサー、FXなど自由に割り当てられるパラメーターに瞬時にアクセスできます。

システム全体は、サーフェイスに必要な情報をいつでもダイナミックに表示し、すぐにコントロールできるようにセットアップされています。

 


 

 

 

EVERYTHING I/O

A complete ecosystem of remote expanders.

-リモートエキスパンダーの完全なエコシステム

コンパクトシステムの構築を検討しているユーザー/オペレーター、または既存のAllen&Heath所有のレンタルカンパニーにかかわらず、AvantisのSLink接続は、Allen&Heathオーディオエクスパンダーハードウェアのすべてに接続することで真の柔軟性を実現します。

Danteカードをシステムに追加すると、Dante専用エクスパンダーDT168およびDT164-Wを使用して、さらに多くのオプションを利用できます。

 

GX4816 – 完璧なパートナー I/O

48x XLR 入力 / 16 xXLR 出力 – 96kHz

GX4816は、入力数の多いリモート拡張を可能にする96kHzオーディオエキスパンダーであり、Avantisにとって理想的なI / Oエキスパンダーです。

各GX4816には、独立したファンタム電源LEDインジケーターを備えた48個のdLiveマイクプリアンプと、16個のXLRライン出力が搭載されています。 さらに、2つのDXポートが提供され、最大4つのDX Expanderに接続するための2つのDXポートが用意されており、さらなるI/O拡張が可能です。 DX 2ソケットを介してME Personal Mixing Systemに接続できます。

 


 

 

DX012 – システムをさらに活用する

12x 構成可能な出力 – 切り替え可能なアナログ/AES – 96kHz

 

 


 

UPGRADE TO dPACK

Get acclaimed dLive processing.
Inside your Avantis.

-高評価のdLiveプロセッシングを手に入れる。

Avantisには、すぐに使用できるパワフルなプロセッシングツールが搭載されており、ほとんどのユーザーのアプリケーションの要求を容易に満たすことができます。追加のオプションが必要ですか?コンソールをAvantis dPackでアップグレードして、dLiveプロセッシングと同様のDyn8(最大16インスタンス)、DEEP Compressors、Dual Stage Valve Preampやさらなるモデルを追加できます。

 

dPACK – DEEP

プラチナチケットのアーティストに信頼されているDEEPは、Avantisのインプットチャンネルとミックスチャンネルに驚きのエミュレーションでゼロレイテンシーでダイレクトにアサインします。FXスロットへの書き込み、サードパーティ機器のトラブル、レンテンシーやフェイズコヒーレンシーの問題はありません。

 

 

dPACK – DYN8

Avantis dPackは、4バンドダイナミックEQと4バンドマルチバンドコンプレッサーを含むパワフルで洗練されたプロセッサー、Dyn8も提供します。ボーカルの調整、サブグループの強化、ミックスへのソニックグルーの追加など、無限のアプリケーションによって、Dyn8はダイナミックプロセッシングに対する考え方を変えます。dPackでは、16個のDyn8エンジンを入力およびミックスチャンネルにインサートできます。

 

 


 

RACKEXTRA FX

12 dedicated fx rack slots. And no compromises. 

-12個の専用FXラックスロット。妥協はしません。

 

これらは通常の内蔵エフェクトではありません。

Allen&Heathは、サードパーティ製プラグインに匹敵するFXエミュレーションを開発したことで定評を得ていますが、プラグインに伴う面倒は一切ありません。

こだわりに近い情熱を持って、古典的なリバーブ、繊細なディレイ、素晴らしいクラシックモジュレーションエフェクトなど、最も尊敬されるアウトボードにインスパイアされた一連のFXを作成しました。

最大のメリットは、12個のFXスロットを妥協なく提供できることです。各エフェクトは12個のスロットのいずれかを使用し、12個のFXスロットにはそれぞれ専用のステレオリターンがあるため、インプットチャンネルを無駄にする必要はありません。

 

 


 

FULL METAL CHASSIS

軽量、超強力なフルメタルシャーシ

 


 

ONEMIX & MIXPAD APPS

リモートミキシング。パーソナルモニタリング。

 

 

MixPad

Avantis MixPadは、Allen&Heath Avantisのデジタルミキサーにワイヤレスのモバイルコントロールを提供するミキシングツールです。部屋やステージを自由に歩き、必要な場所でサウンドをコントロールできます。Avantis MixPadとAvantisミキサーは、連携して独立した機能を同時にコントロールすることができます。例えば、1人のエンジニアがミキサーを使ってFOHのサウンドをミックスし、もう1人のエンジニアがiPadを使ってステージ上でモニターをミックスします。複数のiPadを接続することができ、それぞれが独立したコントロールを提供します。

 

OneMix

OneMixは、AvantisのMixPadアプリを縮小したもので、コントロールを単一のAux (モニター) ミックスにロックします。「管理者 」ユーザが複数のiPadをセットアップし、他のモニターやFOHメインミックスに影響を与えずにWi-Fi接続を介して、各ミュージシャンのカスタマイズされたパーソナルモニターコントロールをAvantisに送ることができます。Avantis OneMixは、必要に応じたコントロールを提供するよう構成が可能です。

 

 

 

 


 

WELL CONNECTED

Dante、Waves、 それだけではありません。 

ローカルI/Oでは、12個のXLRアナログ入力、12個のXLRアナログ出力、およびAES (ステレオ入力、2 xステレオ出力)を装備しています。

2つの追加I/Oポートにより、Avantisは、Dante(64×64および128×128)、Waves、gigaACE、MADIなどの現行のdLiveオプション・カードをフル・レンジで利用できるようになり、システム統合、FoH/モニタースプリット、マルチトラックレコーディングの範囲が広がります。

 

DANTE 128×128

Dante 128×128カードは、96kHz、128チャンネルの双方向オーディオで、FOHとMONのようなシステム間のハイチャンネルデジタルスプリットに適しており、Danteバーチャルサウンドカード(別売り)を介して同時マルチトラック録音に対応します。

さらに詳しく…

 

DANTE 64×64

Dante 64 x 64オーディオネットワークカードは、標準のネットワークケーブルおよびハードウェアを使用して、Danteネットワークおよびデバイスへの低レイテンシー接続を提供します。また、追加のI/Oを必要としないアプリケーションでは、コスト効率に優れたDante 128 x 128の代替ソリューションです。

さらに詳しく…

 

Waves V3

プラグインプロセッシング、マルチトラック録音、オーディオ配信のためのWavesSoundGridネットワーク用インターフェイスです。

さらに詳しく…

 

gigaACE

デジタル分割およびポイントツーポイント接続のための、コスト効率に優れたプラグアンドプレイソリューションです。

さらに詳しく…

 

superMADI

ブロードキャスト接続の柔軟なツールキットです。放送/録画フィード+OB Vansの要件に対応するマルチフォーマットです。

さらに詳しく…

 

fibreACE

大規模なイベントや最大500mの長いケーブルに対応する光ファイバーソリューションです。

さらに詳しく…

 

AES

AES 3 I/Oカードは、AvantisシステムからシステムPA、モニターアンプ、スピーカーコントローラへのデジタルパッチ、またはコンソールの組み合わせに便利なソリューションを提供します。4つのバージョンが利用可能です。

  • 4イン 6アウト (M-DL-AES4I6O-A)
  • 10アウト (M-DL-AES10O-A)
  • 6イン 4アウト (M-DL-AES6I4O-A)
  • 2イン 8アウト (M-DL-AES2I8O-A)

さらに詳しく…

 

M-DL-ADAPT

M-DL-ADAPTの「レターボックス」 インターフェイスは、Avantisの任意のI/Oポートに適合し、M-Dante、M-Waves、M-ES-V 2、M-ACE、M-MADIを含むほとんどのiLive/GLDオーディオネットワークカードとの互換性を追加します。

さらに詳しく…

 

DX Link

DXリンクオーディオネットワークカード (M-DL-DXLINK) は4つのDXリンクポートを備えており、各ポートは96 kHzオーディオの32×32チャンネルを伝送し、DXエクスパンダーユニットにパラレルモードまたは冗長モードで接続できます。

さらに詳しく…

 


 

PRODUCT IMAGES

 


 

PRODUCT DOCUMENTS

 

パンフレット

テクニカルデーターシート – 製品仕様書

ファームウェアリファレンスガイド – ファームウェアV1.0

サイズと質量

CADファイル

AVANTISカットシート – 主な機能とメリット

クイックスタートガイド

 


 

最新ファームウェア

 

V1.03はAvantisシステムファームウェアのメンテナンスリリースです。 これにはいくつかの修正と改善が含まれています。
ファームウェアをダウンロードする前に、リリースノートファームウェアアップデート手順をお読みください。

Avantis Firmware V1.03

 


 

以前のファームウェア

 

 


 

 

Tutorial Videos

Avantisを詳しく見る。 こちらのプレイリストをご覧ください。