LFX-800C
orange
特徴

◆映画館向けパワードサブウーファー

◆18インチコーンドライバー x2の構成

◆セルフパワードにより、セットアップを簡素化し信頼性を向上

◆CINEMA-STUDIOシリーズ等、他のMeyerSoundスピーカーとの組み合わせに最適

アプリケーション

◆映画館

◆レコーディングスタジオ、ポストプロダクション

◆劇場、コンベンションなどの設備

  • 仕様
  • 概要
  • オプション
  • 再生周波数帯域:

    周波数特性:

    位相特性:

    最大音圧:

    ドライバー構成:


    入力コネクター:

    インピーダンス:

    アンプ:

    電源コネクタ:

    電源:

    連続最大消費電流(>10sec):

    バースト電流(<1sec):


    サイズ:

    質量:

    20Hz-200Hz

    23Hz-160Hz ±4dB

    32Hz-175Hz ±30°

    136dB @1m

    18インチ コーンドライバー x2


    XLR F/M(ループ出力付)

    10KΩ

    2チャンネル コンプリメンタリーパワーMOSFET (Class AB/H)

    L6-20 (ツイストロック)

    自動選択 AC85-134V or AC165-264V, 50/60Hz

    10A rms (AC100V)、4A rms (AC230V)

    18A rms (AC100V)、8A rms (AC230V)


    W787 H1016 D533mm

    101Kg

  • Meyer SoundのEXP Cinemaシリーズ X-800CはシネマサウンドのLFEチャンネルを再生するのに適したセルフパワードサブウーファーです。


    最低再生周波数は20Hz、周波数特性は23Hz~160Hz、位相特性は32Hz~175Hzまでが±30°となっており、そして最大音圧は136dB @1m(ピーク)で低域においてもMeyerSoundならではのリニアリティサウンドの特長を固持し、そのリニアリティサウンドをハイパワーで再生します。




Solutions