NEWSISE 2019 Amsterdam
Meyer Sound は ISE 2019で新しいポイントソーススピーカーを発表します。
場所: RAI, Amsterdam, オランダ 期間: 2月5日~8日 スタンド:1-M90
190107_namm_main
002_new_point_source
新型ポイントソースラウドスピーカー
003_upq-d3
UPQ-D3
004_mps-482hp_hero
 MPS-482HP
005_usw-210p_hero_left
USW-210P
→
←

2019年01月24日

Meyer Soundは、ISE 2019展示を拡大します。今年の大型ブース(1-M90)には、より多くの新製品・現行製品の展示に加え、インタラクティブディスプレイ及びディーラー、コンサルタント、エンドユーザーとのリラックスしたコミュニケーションのために広いホスピタリティエリアを提供します。ブースのハイライトは2つの新製品デビュー - 多用途IntelligentDC電源とアップデートされたUPQラウドスピーカーシリーズ - に加えて全く新しいポイントソースラウドスピーカーデザインの発表です。

ISEでは、Meyer Soundから今後発表されるまったく新しいポイントソースラウドスピーカーを初めて展示します。これは以前の設計とは明らかに異なるものです。LEOファミリーラインアレイ用に開発された技術に基づいて、新しいポイントソースモデルは独特のドライバー構成、新しいアンプとオンボード処理、回転可能なホーン、革新的なリギングオプション、そしてこれまでにないパワー対サイズ/重量比を特徴とします。この強力な新製品は、アムステルダムヒルトンで2月5日と6日に1時間ごとに試聴することができます。ISEはこの画期的な新製品のプレミアです。私達の最新のスピーカーはライブパフォーマンスでデモされます。開発中のプレビューとしてGALAXYベースのスペースマップ・ライブ空間ミキシングプラットフォームによって制御されます。

「私たちの新しいポイントソースラウドスピーカーは小さくて強力です。そしてLEOファミリーのパワーの明快さとネイティブモードの使いやすさを現代の軽量多目的ラウドスピーカーにもたらします。新しいポイントソースラウドスピーカーは、音の透明性と非常に優れたカバレッジ制御を必要とするアプリケーションに最適なソリューションです。」と、John John McMahonの上級副社長は述べています。「私たちはこれをISEでデビューさせることに興奮しています。価格は競争力があり、これが近いうちにどこの在庫にもなくてはならない物になると期待しています。」

ISEスタンドはSonic Loungeにあり、Meyer SoundのBerkeleyキャンパスでの研究開発と製造を表すインタラクティブな展示も予定されています。LINAラインアレイスピーカーのカットモデル展示はコンポーネントの品質と細心の注意を払った職人技を明らかにします。そして、隅にはFacebook Liveのインタビューのためのメディアスペースがあります。スケジュールは毎日掲載されます。

「ISEでは、多くの参加者がそれぞれのニーズに合わせた詳細なソリューションを議論しようとしていることを認識しています」とMcMahonは述べています。「広々としたSonic Loungeを私たちのスタンドに統合し、さらにトップレベルのデザインサービスとサポート要員を連れてくることで、参加の皆様がご満足いただけるよう努めます。」

他の2つの新製品は、どちらも間もなく出荷され、ISEでも世界的にデビューします。MPS-482HPは、オーディオとDC 48Vを供給するハーフラックスペースの2チャンネルの電源装置です。Meyer Sound独自のIntelligentDCリモートセルフパワーシステムは柔軟性と費用対効果を大幅に高めます。人気があり実績も多いUPQシリーズは、新しいUPQ-D3モデルで拡張されました。これは、3番目の80°x 80°のカバー範囲オプションを提供し、シリーズでは初めてのD級アンプモジュールを採用しています。現在の2つのモデルはUPQ-D1とUPQ-D2となり、新しいモジュールは最適化された位相と周波数応答を提供します。新しく再設計し直されたキャビネットは、同じ外形寸法、ドライバーの補完性およびリギングの互換性を維持しながら全体の重量を12パーセント以上削減しました。

また、幅 、奥行きともに305mm (12インチ) の、新しいUSW-210Pナローコンパクトサブウーファーも展示します。より少ないスペースにもっと低周波のパンチを詰めるように設計されています。USW-210Pは2本の10インチドライバーを収容し典型的な12インチドライバーサブウーファーより多くの出力があり、そして超低歪率達成のため1100-LFCと同じポートデザインを利用しています。

Meyer SoundのM-Noiseは、スピーカーシステムのピークリニア出力レベルをより正確に測定するための新しい独自のテスト信号です。スタンドの大画面に表示されるビデオプログラムで紹介されます。M-Noiseの開発者はSonic Loungeで、どのメーカーのラウドスピーカーシステムのチューニングにおけるM-Noiseの利点を説明致します。

Meyer Soundのデジタル製品ソリューションの立案者であるRichard Buggは、「イーサネットとAVBを使用したAVの課題への取り組み」というタイトルのAVIXA FlashTracksプレゼンテーションを主催します。同じトピックに関するAVIXA MasterClassの短縮版、このセッションは2月5日に13-N110にて開催されます。

" 「私たちの新しいポイントソースラウドスピーカーは小さく強力です。LEOファミリーのパワーの明快さとネイティブモードの使いやすさを現代の、軽量の多目的ラウドスピーカーにもたらします。新しいポイントソースラウドスピーカーは、音の透過性と非常に優れたカバレッジ制御を必要とするアプリケーションに最適なソリューションです。"

John McMahon

Senior Vice President of Marketing

Featured Products