NEWSDr. Atomic at Santa Fe Opera
ジョン・アダムスのオペラ『ドクター・アトミック』でのMeyer soundシステム
santa_fe_opera_1
Ryan McKinny (Robert Oppenheimer) and the Santa Fe Opera Chorus
Photo by Ken Howard
santa_fe_opera_2
The Santa Fe Opera Chorus
Photo by Ken Howard
santa_fe_opera_3
© Insight Foto for Santa Fe Opera, 2016
Photo by Ken Howard
santa_fe_opera_4
Dancers
Photo by Ken Howard
santa_fe_opera_5
Ryan McKinny (Robert Oppenheimer)
Photo by Ken Howard
santa_fe_opera_6
© Insight Foto for Santa Fe Opera, 2016
Photo by Ken Howard
santa_fe_opera_7
(L-R): Cheyenne Dalton, A/V Apprentice; Wyatt Laster, A/V Apprentice; Mitchell Prescott, A/V Technician; Araceli Ramirez, A/V Apprentice; Adelaide Zhang, A/V Technician; Alex Davila, A/V Engineer; Karl G. Kern, Audio/Visual Director; Paul Horpedahl, Director of Production & Facilities
Photo by Ken Howard
→
←

2018年9月24日

サンタフェオペラによる高い評価を得たドクター・アトミックは最初の原爆発明から73年後のこの夏、ついに公演を終了しました。作曲家のジョン・アダムスとピーター・セラーズ演出による2005年の現代オペラは、クロスビー劇場からわずか20マイル離れたロス・アラモス研究所で最初の原子爆弾の開発を指揮したロバート・オッペンハイマー博士を中心に据えた作品です。完全なオーケストレーションと喚起的なサウンドエフェクトを備えた巧みなバランスのとれた自然な歌声の3次元サウンドスケープを作成するために、著名なサウンドデザイナーであるマーク・グレイは、最近劇場に設置された4本のCALカラムアレイスピーカーをベースにしたMeyer Soundスピーカーシステムを指名しました。

セミオープンエアのクロスビー劇場のサウンドデザインとシステム構成には、複数の課題がありました。アダムズとセラーズの両方は、古典的なオペラのより強力な投影とは対照的に、微妙で親密な歌唱スタイルを好みました。それは確かに2,100席の会場ではPAを必要としますが、同時にオペラの管理者は大規模なラインアレイが洗練された建築に影響を与えるのを嫌い、伝統的なオペラ主義者間に潜在的な不安を引き起こしました。さらに複雑な問題は劇場の屋根でした。これは、PAの無い舞台の音を補強するための反射面として意図的に設計されていました。ドクター・アトミックと将来、同様の作品での使用に合意された解決策は、CAL 64CAL 32コラムアレイスピーカーのセットを左右それぞれに設置する事でした。

「Meyer SoundのCALスピーカーは、目立たないサイズで独自の優れた音質を提供したことで魅力的でした」と、サンタフェ・オペラのオーディオビジュアル・ディレクター、カール・カーンは語ります。「私たちは、劇場スペースに大きなラインアレイを吊ることなく、高度なデジタルビームステアリングを利用することができます。ビームステアリングは、全体の音圧レベルを高くすることなく、聴衆全体に均等な音のエネルギーが届くゾーンを劇場に作ることを可能にしました。

マーク・グレイによると、Meyer Soundのスピーカーは、アダムズとセラーズの21世紀の観客に対するオペラ体験の再定義を進める上で不可欠な要素であることが判明しました。

「私はジョンとピーターと一緒に仕事をしてきた30年の間に、プレゼンテーションがステージ上でどのようになるかについて強い絆を築きました」とグレイは語ります。「観客がオペラに来るときの期待は面白いシナリオです。それは映画を見るようなものではありません。それはもっと三次元的です。あなたはステージのディメンションを使用していますが、スペースと時間、これらすべてのものを使用しています。だからサウンドデザインは、究極的に作曲家の意図したサウンドの世界を透明に創造することを意味します」

サンタフェのサウンドチームが直面した独特の問題の1つは、オープンエアーの劇場であり、反射面となる屋根はありますが、サウンドデザイン効果用のサラウンドラウドスピーカーを配置するための側壁がありませんでした。

「私たちはMeyer Soundの設計サービスと緊密に協力して、パワーと正確さを提供するが邪魔にならないソリューションを考案しました」オーディオビジュアル・ディレクターのカール・カーン氏は語ります。「彼らは理想的なソリューションを考え出しました。トラス・タワーに2本のUPJ-1Pラウドスピーカーを取り付け、両サイドにパティオを設置し、それは完璧に動作しました」

4つのCALデジタルビームステアリングスピーカーに加えて、サンタフェオペラの新しい常設の音響システムには、2本の900-LFC低域コントロールエレメント、フロントフィルに6本のUP-4XPコンパクトスピーカー、センターフィルにはUPJ-1XPスピーカー、スピーカープロセッシングにはGALAXY 816ネットワークプラットフォームが追加されました。

ドクター・アトミック用の特別な要求として、サウンドデザイナーのマーク・グレイは4本のUPJ-1Pサイドサラウンド、4本の新機種のUP-4Slimスピーカーをリアサラウンドとして、6本のM1Dスピーカーを補助フロントフィルスピーカーとして指定しました。

オーディオビジュアル・ディレクターのカール・カーンは、会場への挑戦と普通でない制作の要求にもかかわらず、システムの設計、構成、および設置に全く問題がないと言います。「このプロセスを通じて、Meyer Soundは優れた顧客サービスを提供することがわかりました。最初のスピーカー・デモから最終的なインストールまで、彼らと一緒に作業するプロセスはシームレスでした」

Meyer Sound CALカラムアレイスピーカーは、堅牢なパワー、ビームステアリングの多様性、透明な音楽性、控えめな外観を特色としています。NFLスタジアム(カロライナ・パンサーズ・バンク・オブ・アメリカ・スタジアム)、世界的に有名なコンサートホール(ウィーン・ミュージックヴェスレイン)、歴史的礼拝堂(モナコ大聖堂)にもCALスピーカーがあります。

カーンは、ドクター・アトミックのステージ上で音声をキャプチャするために、DPA d:screet 4061全方向性小型マイクロフォンを搭載した30チャンネルLectrosonicsデジタルハイブリッドワイヤレスシステムを使用しました。

サンタフェ・オペラキャンパスは、サンクト・レ・クリスト山脈を一望できる街の北端に位置しています。1956年に指揮者John Crosbyによって設立されたサンタフェ・オペラは、新しいオペラの導入や伝統的なレパートリーの発表のために国際的に知られています。創業以来、サンタフェ・オペラはアメリカ初演43ステージと15の世界初演を行っています。

 

Santa Fe Opera

"観客がオペラに来るときの期待は面白いシナリオです。それは映画を見るようなものではありません。それはもっと三次元的です。あなたはステージのディメンションを使用していますが、スペースと時間、これらすべてのものを使用しています。だからサウンドデザインは、究極的に作曲家の意図したサウンドの世界を透明に創造することを意味します"

Mark Grey

Sound Designer

Featured Products