NEWS Bravo Niagara! Festival of the Arts
メイヤーサウンドは、Bravo Niagara! Festival of the Artsと協定、Voices of Freedom Concertとオスカー・ピーターソン国際ジャズフェスティバルをサポート
bravo_niagara_1
Voices of Freedom Concert
Mike SansanoVoices of Freedom Concert
bravo_niagara_2
Voices of Freedom Concert
Mike SansanoVoices of Freedom Concert
bravo_niagara_3
MILOŠ: The Voice of the Guitar
Photo by Alex HeidbuechelJames Ehnes
bravo_niagara_4
James Ehnes
bravo_niagara_5
Voices of Freedom Concert
Photo by Mike Sansano/div>
bravo_niagara_6
MILOŠ: The Voice of the Guitar
Photo by Alex Heidbuechel
bravo_niagara_7
(L-R) Violinist James Ehnes and Pianist Andrew Armstrong
bravo_niagara_8
Voices of Freedom Concert
bravo_niagara_9
Voices of Freedom Concert
→
←

2019年01月30日

Meyer Soundは、Bravo Niagara! Festival of the Arts (ブラボーナイアガラ!芸術祭) のオフィシャルサウンドパートナーおよびメジャースポンサーに選ばれました。Voices of Freedom、そしてオスカー・ピーターソン国際ジャズフェスティバルは、すべてオンタリオ州南部のワイン生産地のナイアガラ・バイ・ザ・レイクで開催されます。カナダのMeyer SoundディストリビューターであるGerrAudio Distributionと密接に協力して、Meyer Soundは、活気のあるフェスティバルの年間を通して行われる広範囲なジャズやクラシック音楽プログラムに全てのオーディオシステムを提供します。

「私にとって、高品質のサウンドを持つことはステージ上にワールドクラスのアーティストを持つことと同じくらい重要です」とBravo Niagara! の芸術監督Christine Mori は言います。「私の最大の課題の1つは、ステージ上のパフォーマーの才能に合った品質のオーディオ製品を確保することです。それで、Meyer Soundとの、この新しいパートナーシップは本当に夢が実現したことです。実際素晴らしかったのは、Meyer Soundシステムのクラシックからジャズコンサートへと用途の広さです。心地よい空間のStradivariusバイオリンでも、パフォーミングアーツセンターの大合唱団でも、音質は常に並外れたものです。」

この新しい協定の下での最初の大規模なイベントは、黒人の歴史におけるこの地域特有の役割を祝うVoices of Freedomコンサートです。11月上旬にFirstOntarioパフォーミングアーツセンターのPartridge Hallで開催され、オスカーピーターソンの娘のCélinePetersonによってキュレーションされたこのコンサートは、カナダのジャズやソウルフルな音楽アーティストの輝かしいラインナップを発表しました。700人の観客をカバーするために、GerrAudioは、12本のLINAラインアレイスピーカーのメインアレイと、4本の750-LFC小型低域コントロールエレメント、さらに2本のUPJ-1Pおよび4本のUPM-1Pフィルスピーカーシステムを設置しました。すべてのスピーカーは2台のGalileo GALAXY 816プロセッサで駆動されています。アーティストのフォールドバックは1台のMJF-212A、3台のMJF- 210、4台のMJF-208ステージモニターでした。

「その夜のサウンドを私たち全員が体験できるのは、本当にスリリングでした」とBravo Niagara! の事務局長のAlexis Spieldenner氏はふり返ります。「ミュージシャン、他のスポンサー、そして全ての観客は、演奏者の衰えていない力、存在感、そしてディテールまで聞きました。会員の観客もアーティストも同様に音質について絶賛しました。」

Meyer Soundシステムは、ナイアガラ・オン・ザ・レイクにあるSt. Mark's Anglican教会で開催された、フェスティバル初めの小規模な2つのコンサートでも採用されました。最初の 8月18日、称賛された古典的なギタリストのミロシュ・カラダグリッチとマーク・ジョキッチ弦楽五重奏団を特集しました。10月12日の2番目は、有名なバイオリン奏者のJames Ehnesを発表しました。これらのイベントのためのシステムは、Galileo GALAXY 816プロセッサと一緒に2台のUPJ-1Pと複数のUPM-1Pラウドスピーカーの構成でした。

「この会場で初めのコンサートにやって来た何人かの後援者が私のところにやってきて、今回のサウンドは本当に驚異的だと言いました」とSpieldennerは述べています。「Meyer Soundのパートナーシップは、本当に観客と芸術家のためのフェスティバルの体験を高めました。」

Meyer Soundラウドスピーカーの大規模なシステムは、2月15日から17日にかけて開催されるオスカーピーターソン国際ジャズフェスティバルで、パートリッジホールでのコンサートやその他多数の会場で使用されます。2018年から19年のシーズンを締めくくるのはSpring into Musicで、4月から5月にかけての5回のコンサートは、エレガントなStratusワインヤードの路地で開催されます。

Meyer Soundのスポンサーとしての役割は当初、最近この地域に居を構えた同社の戦略的関係担当ディレクターであるJerry Plackenによって促進されました。地元のフェスティバルでパフォーマンスの高いアーティストを発見したとき、彼はサウンドシステムが同じレベルの卓越性を持って利用できることを保証するイニシアチブをとりました。GerrAudio Distributionの社長であるBob Snelgroveの支援を得て、Jerry はMeyer Soundの共同創設者であるJohn Meyerの社長兼CEO、そしてHelen Meyerの副社長の熱心な支持をすぐに得ました。

「この関係に関して「セレンディピティ」という言葉が出てきています」とBravo Niagara! のChristine Moriは言います。「私たちは、Meyer Soundが、Jazz at Lincoln CenterやSan Francisco Symphonyなどの有名な機関に関連していることを知っています。彼らがより小さく、あまり知られていない組織を後援しているという事実は - 同じ芸術的レベルでパフォーマンスを提示しますけれども - 芸術を支持することへの会社の広い責任について大いに物語ります。

Bravo Niagara! Festival of the Arts は、Mori とSpieldennerの母娘チームによって2014年に設立されました。カナダ最大のジャズアーティストを称えるオスカーピーターソン国際ジャズフェスティバルは、芸術監督のレニーロズネスと芸術プロデューサーのケリーピーターソンが、ブラボナイアガラのエグゼクティブディレクションで主導します。

Bravo Niagara!
Music festival gives a reason to say ‘Bravo Niagara!’」

" Meyer Soundとの、この新しいパートナーシップは本当に夢が実現したことです。実際素晴らしかったのは、Meyer Soundシステムのクラシックからジャズコンサートへと用途の広さです"

Christine Mori

Bravo Niagara! Artistic Director

Featured Products