Case studyChurch / Architect
設備音響改修例 礼拝堂(アメリカ)
Meyer Sound LINA ベリーコンパクトリニアラインアレイ 
アメリカ_礼拝堂_Meyer Sound

アメリカ各地の教会でMeyerSound LINAベリーコンパクトリニアラインアレイが採用されています。

ここでは、カリフォルニア州ニューポートビーチにあるSt. Andrews Presbyterian教会のスピーカー改修例をご紹介します。

アメリカ_礼拝堂_Meyer Sound_LINA

教会の音響リーダーを務めるJoe Cristina氏は、礼拝堂に収まるポイントソース型スピーカーに変わり、新たなサウンドシステムを模索していました、競合するいくつかの製品を評価をした結果、Cristina氏はMeyer Sound LINAシステム採用の決断をしました。


オーケストラやアレンジャーとしての長いキャリアを経て、Cristina氏はミュージシャンとしての感性から、各オーディオシステムの評価をしました。『私のLINAの最初の感想は、本当に"音楽的な"スピーカーシステムだった』と、彼は語ります。

『オーケストラと一緒に使うと、本物の楽器のようにリニアに聞こえます』そして彼は続けます『ボーカルもハイもローもグレートなサウンドです、しかし、私が求めるのはミッドレンジのディテールで、LINAはそれを本当に届けることの出来るシステムでした』

アメリカ_礼拝堂_Meyer Sound_LINA

  • アメリカ_礼拝堂_Meyer Sound_LINA

    採用されたシステムは意匠に合わせて全て特注で白色塗装が施され、メインには10台構成のLINAベリーコンパクトラインアレイがLRに天井からフライングされています。また、アウトサイド席にはMeyer Sound ウルトラシリーズ、ナロー指向性のUPQ-2Pでカバーされています。

    アメリカ_礼拝堂_Meyer Sound_LINA

    低域には片側に3台の900-LFCセルフパワードサブウーファーを採用、中央のアンダーバルコニーにはUPM-1XP、サイドのアンダーバルコニーやステージフロントフィルとしてUP-4XPを採用しています。


    音楽的なバックグラウンドと共にCristina氏はスピーチの重要性もしっかりと認識しています。『礼拝堂のサウンドプランニングにおいて最も重要なのは話された言葉です』『従来システムではバルコニーのスピーチ明瞭度に問題がありましたが、LINAをはじめとした今回の改修でこれら問題は解決され、初回の日曜日から賛辞を頂きました、音について何も知らない一般の方々は"まるで昼と夜ほどの差がある”と言っていました。』

    アメリカ_礼拝堂_Meyer Sound_LINA

    アレンジャーとミキシングエンジニア両方の役割を果たすCristina氏にとってクリスマスの特別プログラムは重要なテストでした、『私たちの礼拝バンドにはロックリズムセクションとボーカル、そしてオーケストラを持っています、私はオーケストラを担当し、昨年は明瞭なサウンドを得ることはできませんでした。しかし、今年はLINAシステムでオペレートして ”Wow!ビオラの音をハッキリと聞くことができる!” それはアレンジャーにとってとても大切な事なので、私はLINAシステムを非常に気に入りました』