CINE-STUDIOAcheron LF
acheron_LF
  • Acheron100&LF
特徴

◆ 15インチコーンドライバー x2を搭載したシネマLFスピーカー

◆忠実な再生音

◆Acheron 80 / 100の低域拡張

アプリケーション

◆映画館、劇場

◆プライベートシアター

◆レコーディングスタジオ

◆ポストプロダクション

  • 仕様
  • 概要
  • オプション
  • 再生周波数帯域:

    周波数特性:

    位相特性:

    最大音圧:

    ドライバー構成:


    入力コネクター:

    入力インピーダンス:

    アンプ:

    電源コネクタ:

    電源:

    連続最大消費電流(>10sec):

    バースト電流(<1sec):


    サイズ:

    質量:

    37Hz-370Hz

    38Hz-340Hz ±4dB

    60Hz-230Hz ±30°

    136dB @1m

    LF 15インチコーンドライバー x2


    3ピンXLR F/M(ループ出力付)

    10KΩ

    2チャンネル コンプリメンタリーMOSFET出力 (Class AB/H)

    パワーロッキングACコネクター L6-20

    自動選択 AC85-134V or AC165-264V, 50/60Hz

    10A rms (AC100V)、4.4A rms (AC230V)

    22A rms (AC100V)、9.5A rms (AC230V)


    W787 H919 D521mm

    83.91Kg

  • Acheron LFはAcheron80/100スクリーンチャンネルスピーカーと組み合わせることで低域のヘッドルーム拡大し、大劇場での再生を目的としたデュアル15インチのセルフパワードLFスピーカーです。


    周波数特性はAcheron80/100のローエンドと同じ38Hzから、 Acheron80/100のクロスオーバー領域を避けるように320Hzでロールオフするようになっております。

    キャビネットのサイズはAcheron 80 / 100と適合するように幅、奥行きを同サイズにし、スタッキング用に3/8インチネジ穴を用意し、Acheron 80 / 100と専用プレートで組み合わせたマウントスタッキングや、角度をつけた固定などが可能です。


    Acheron LFを駆動するパワーアンプ・コントローラーは本体内にすべて内蔵され、入力音源に対し的確な増幅がされます。

    合計出力4500Wを生み出すMeyer Sound独自のハイパワーなクラスAB/Hパワーアンプが搭載されています。

    信号処理部に搭載されたクロスオーバーと補正フィルターは、フラットで優れた位相特性と周波数特性を持ち、また各ドライバー保護回路も組み込まれています。

    セルフパワード設計によって別途パワーアンプを導入、パワーアンプの為の専用設置室を設けなくても一貫性のある安定したサウンドをスピーカー設置のみで行えます。

    オプションのRMSリモートモニタリングシステムはMacまたはWindowsコンピューターからスピーカーのパラメーターを包括的に監視する機能を提供します。

  • オーダー時対応オプションについて

    MeyerSound製品はユーザー様の設置条件に合わせ様々な仕様を選べます。


    ◆RMSリモートモニタリングシステム※有無をご指定下さい


    RMSリモートモニタリングシステム搭載モデルはMacまたはWindowsコンピューターからスピーカーのパラメーターを包括的に監視する機能を提供します。

Solutions
MeyerSound_ScreenSpeaker
Acheronスクリーンチャンネル用スピーカー
Acheron100&LF

Acheronは音響透過型スクリーン裏L,C,Rに設置することを前提に設計され、卓越したホーン性能とセルフパワード制御のメリットを組み合わせた、革新的なシネマサウンド2Wayスピーカーです。

それぞれには側面に3/8インチネジ穴を用意し、Acheron LFと専用プレートで組み合わせたマウントスタッキングや、角度をつけた固定などに使用できます。