LINE ARRAYLINA
orange
特徴

◆LEOファミリー最小、最軽量キャビネットで低歪・パワー・明瞭度・リニアリティを継承した超小型ラインアレイスピーカー

◆6.5インチコーンドライバー×2と、3インチドライバー+ホーンの構成

◆特別なEQやディレイなどかけなくても即使用可能

◆多彩なグランドスタック/フライングプラン

◆セルフパワードにより、セットアップを簡素化し信頼性を向上

アプリケーション

◆中規模イベント

◆アリーナ、劇場、コンベンションなどの設備

◆ツアリングPAシステム

  • 仕様
  • 概要
  • オプション
  • 再生周波数帯域:

    ドライバー構成:



    入力コネクタ:

    アンプ

    電源コネクタ:

    電源:

    最大連続消費電流:


    サイズ:

    質量:


    65Hz-18kHz

    LF 6.5インチロングエスカレーションコーンドライバー x2

    HF 3インチコンプレッションドライバー


    3ピンまたは5ピンXLR F/M(ループ出力付)

    3チャンネル オープンループ クラス-D

    パワコン20(ループ付)

    AC90-265V AC 50/60Hz

    1.8A rms (100V AC)、0.8A rms (230V AC)


    W515 H213 D389mm

    19.5Kg


  • LINAはLEO ファミリーの高い評価を受けている非常に低歪で類まれなヘッドルーム・パワー・優れた明瞭度を軽量コンパクトなキャビネットで継承し、ツアリング・固定設備のどちらにおいてもユーティリティ性の高いリギングを備え、様々な場面で活躍する超小型ラインアレイスピーカーです。


    LINA の低域を補完する750-LFC 低域コントロールエレメントはLINAと同幅サイズを採用し、グランドスタック/フライングどちらでもサブウーファと一体化した多彩なスタックプランを実現します。


    LINAの公称電圧は90-265V、50/60Hzです。専用設計クラス-Dパワーアンプは非常に省電力で電圧115V 時の最大連続消費電流は1.5A rmsとなっております


    LINAにはMeyer Sound のRMS リモートモニタリングシステムが標準装備されており、Mac またはWindowsベースのコンピューターでシステムのモニタリングが可能です。

    監視にはPhoenix2芯ケーブルを使用します。LEOPARD/900-LFC イメージ

    また、5 ピンXLR タイプコネクターの選択により、RMS 信号とオーディオ信号両方を供給する複合ケーブルが使用できます。詳しくはオプションのご注文時対応をご覧ください。

    ツアリング、固定設置共に直感的に使用できる専用リギングをオプションで豊富にそろえ、設置や保管、運送など徹底化したシステムコンポーネントを提供可能です。


    『Galileo GALAXY』マネジメントシステム等、Meyer Soundの用意する豊富なシステムと連携し、大規模システム内での各種フィルスピーカーなどとしても使用可能です。


    LINAキャビネットは積層合板製で黒色硬質テクスチャ仕上げが施されています。音響用の黒色メッシュカバーがついた金属グリルがドライバーを保護します。その他オプションとして防滴仕様、カスタムカラー仕上などがあります。

  • MCF-LINA/MINA

    ◆MCF-MINA キャスターフレーム

    MCF-MINAはLINAを5台までスタックして運べるキャスターフレームです

    オプションでスタックした3~5台のキャビネットを保護するナイロンカバーもあります。




    MG-LINA/MINA

    ◆MG-MINA 多目的グリッド

    MG-MINAはLINAをフライング/スタックするための金具です。

    5:1 安全基準とBGV C1 でLINA またはMINA を16 台まで重ねることができます。グリッドは、複数のシングルセンターピックアップポイントを提供し、グランドスタックにも使用できます。 また、750-LFC のフライングやグラウンドスタックにも使用できます。



    MYA-LINA/MINA

    ◆MYA-MINA ヨークマウントフレーム

    MYA-MINAは1 点から最大3 台のLINAを吊り下げます。さらに、750-LFC の上に最大2 台のキャビネットをポールマウントできます(ポールマウントアダプターは付属していません)。





    MUB-LINAMINA

    ◆MUB-MINA U字ブラケット

    MUB-MINAはフロントフィルまたはアンダーバルコニー用に最大3台までのLINAをマウントし、20°まで角度調整が可能です。

    また2台までのキャビネットをポールマウントできます(ポールマウントアダプターは付属していません)。







    オーダー時対応オプションについて

    MeyerSound製品はユーザー様の設置条件に合わせ様々な仕様を選べます。


    入力コネクターの選択※どちらかご指定下さい

    LINA入力コネクターは標準的なXLR3ピンコネクタ―型と、5ピンコネクタ―型から選択できます

    インプットパネル

    5Pinインプットパネル3Pinインプットパネル










    ※3ピン型の特徴・・・一般的なマイクケーブルを使用して音声入力が可能です、RMSリモートモニタリングシステムを使用する場合には別途ケーブルが必要になります。

    ※5ピン型の特徴・・・5ピン複合ケーブルを使用することで音声入力とRMSリモートモニタリングシステム両方が完結され、少ないケーブルで素早く仕込めるモデルです。

    (結線 1GND 2音声+ 3音声- 4RMS1 5RMS2)



    レインフード

    ◆クイッククリップレインフード※有無をご指定下さい

    屋外仮設設置時や半屋外常設設置時のコネクター防滴保護フードです。

    樹脂製フードで、ピンで脱着するクイックロック式です。


    ◆折りたたみレインフード※有無をご指定下さい

    屋外仮設設置時のコネクター防滴保護フードです。

    折り畳み式フードで、ツアリング用途に重宝します。


Solutions

LINAの紹介映像



『ネイティブモード』について

LINAと750-LFCでは平面構成システムのフライング/グランドスタックであればアレイ補正や追加の信号処理などの必要なく、最適化されています、この機能は『ネイティブモード』と呼ばれ、EQやチューニング、プリセット呼出しなどを使用せずに、システムを素早く設置しながら最高の結果を得ることが出来ます。




スタンドポールセッティング

小規模セッティングにおいてスタンド使用を行う場合、サブウーファ750-LFC 1台の上にスタンドポールを介してMYA-MINAヨークキットを使用して2台のLINAを設置可能です。

LINA_750LFC
施設採用例 ポーランド美術館 Kridel Grand Ballroom (ポーランド)
MeyerSound_Leopard
MeyerSound_LeopardMeyerSound_Leopard
大規模な結婚式、式典、企業イベント、学術会議に至るまで、様々なイベントを行うポーランド美術館内の多目的施設です

クラスターに片側12台のLINAと低域に1100-LFC、フロントフィルにUPjuniorを配置し、Galileo GALAXYによってコントロールされています。