LINE ARRAYLEOPARD
orange
  • LEOPARD_MeyerSound
  • LEOPARD_MeyerSound
  • LEOPARD_MeyerSound
  • LEOPARD_MeyerSound
  • LEOPARD_MeyerSound
特徴

◆LEOファミリーの低歪・パワー・明瞭度・リニアリティを軽量コンパクトなキャビネットで継承したラインアレイスピーカー

◆9インチコーンドライバー×2と、3インチドライバー+ホーンの構成

◆特別なEQやディレイなどかけなくても即使用可能

◆多彩なグランドスタック/フライングプラン

◆セルフパワードにより、セットアップを簡素化し信頼性を向上

アプリケーション

◆中規模イベント

◆アリーナ、劇場、コンベンションなどの設備

◆ツアリングPAシステム

  • 仕様
  • 概要
  • オプション
  • 周波数特性:

    位相特性:

    ドライバー構成:



    入力コネクタ:


    アンプ:

    電源コネクタ:

    電源:

    消費電流量:

    サイズ:

    質量:

    55Hz-18KHz

    92Hz-16KHz ±30°

    LF 2×9インチロングエスカレーションコーンドライバー×1

    HF 3インチコンプレッションドライバー


    3ピンまたは5ピンXLR F/M(ループ出力付)


    3チャンネル オープンループ クラス-D

    パワコン20(ループ付)

    AC100-240VAC 50/60Hz

    3.0A rms(115V AC) ; 1.5A rms(230V AC) ; 3.4A rms(100V AC)

    W684 H282 D550mm

    34.0Kg

  • MCF-LEOPARD MCF-LEOPARD

    ◆MCF-LEOPARD キャスターフレーム

    MCF-LEOPARDはLEOPARDを4台までスタックして運べるキャスターフレームです






    MG-LEOPARD MG-LEOPARD MG-LEOPARD










    ◆MG-LEOPARD/900 マルチグリッド

    MG-LEOPARD/900LFCはLEOPARDと900-LFCをフライングおよびグランドスタック用の金具です。

    安全率5:1でLEOPARD最大23台、900-LFC最大16台のフライングが可能です。

    グランドスタックはLEOPARDが7台、900-LFCが3台まで設置可能です。オプションの金具を使用してMG-LEOPARDを8度まで下向きに設置可能です。



    PBF-LEOPARD


    PBF-LEOPARD

    ◆PBF-LEOPARD プルバックフレーム

    PBF-LEOPARDはLEOPARDフライング時にホイストを使用して後方に引き上げるためのフレームです






    MVP


    MVP

    ◆MVP 水平角調整Vプレート


    MVPはフライング時にグリッドに取り付け、複数のホイストを使用して水平方向の角度調整を行うプレートです








    オーダー時対応オプションについて

    MeyerSound製品はユーザー様の設置条件に合わせ様々な仕様を選べます。


    入力コネクターの選択※どちらかご指定下さい

    Leopard入力コネクターは標準的なXLR3ピンコネクタ―型と、5ピンコネクタ―型から選択できます

    インプットパネル

    5Pinインプットパネル3Pinインプットパネル










    ※3ピン型の特徴・・・一般的なマイクケーブルを使用して音声入力が可能です、RMSリモートモニタリングシステムを使用する場合には別途ケーブルが必要になります。

    ※5ピン型の特徴・・・5ピン複合ケーブルを使用することで音声入力とRMSリモートモニタリングシステム両方が完結され、少ないケーブルで素早く仕込めるモデルです。

    (結線 1GND 2音声+ 3音声- 4RMS1 5RMS2)



    レインフード

    ◆クイッククリップレインフード※有無をご指定下さい

    屋外仮設設置時や半屋外常設設置時のコネクター防滴保護フードです。

    樹脂製フードで、ピンで脱着するクイックロック式です。


    ◆折りたたみレインフード※有無をご指定下さい

    屋外仮設設置時のコネクター防滴保護フードです。

    折り畳み式フードで、ツアリング用途に重宝します。


Solutions
Fast. Flexible. Fierce.
MeyerSound_Leopard


『ネイティブモード』について
LEOPARDと900-LFCでは平面構成システムのフライング/グランドスタックであればアレイ補正や追加の信号処理などの必要なく、最適化されています、この機能は『ネイティブモード』と呼ばれ、EQやチューニング、プリセット呼出しなどを使用せずに、システムを素早く設置しながら最高の結果を得ることが出来ます。
leopard_native
ネイティブモードに対応したフライング/スタック例

※上記以外の複雑な構成の場合にはネイティブモードは使用できません。

例えばLEOPARDと900-LFCが平面構成ではない、あるいはサブシステムを配置するためや低域の指向性コントロールをするためにディレイオフセット等を必要とする場合には追加のプロセッシングを行う必要があります。



軽量コンパクト設計

LEOPAREDラインアレイスピーカーと900-LFCサブウーファーはどちらも同幅サイズを採用し、グランドスタック/フライングのどちらでも900-LFCと一体化した多彩なプランニングを実現します、どちらも非常に軽量で6台のLEOPARDと2台の900-LFCを一体型でフライング設置するときも500kgモーターだけで可能です。

劇場採用例 ビクトリアロイヤルシアター(カナダ)
MeyerSound_Leopard
MeyerSound_LeopardMeyerSound_LeopardMeyerSound_Leopard
ロイヤルシアターは1913年にオープンし、以来オペラやシンフォニーなどカナダの文化を支えてきました、また、1987年には史跡に指定されたキャパシティー1416席の劇場です。


片側に12台のLEOPARD、2台の900-LFCが採用されました、また、サブウーファーに1100-LFC、アンダーバルコニーや各種フィルスピーカーとしてUPJ-1PやUPM-1XP、UPA-1P等、多数のMeyer Sound製品が採用されています。それらはGalileo GALAXYスピーカープロセッサーにより調整されています。


劇場採用例 デーヴィスシンフォニーホール(アメリカ)
MeyerSound_Leopard
MeyerSound_LeopardMeyerSound_Leopard
デーヴィスシンフォニーホールはサンフランシスコ交響楽団が本拠地にするコンサートホール

2743席のコンサートホール、クラスターに片側14台のLEOPARDと3台の900-LFCから構成されています。