Case studyMusic Festival
Savannah Music Festival 2018
Savannah Music Festival

メインステージのアレイは左右12台のLYONと低域は9台の1100-LFCにより3つのカージオイド形アレイを配置。屋内会場もLEOファミリー機材を採用。

Savannah Music Festival

17日間にわたって開催されるサバンナ音楽祭は、ジョージアで最大の音楽芸術イベントで50の州及び多くのヨーロッパ諸国から観客を引き寄せるクロスジャンルの音楽祭です。4月中旬には2018年版が幕を開け、4年連続でマイヤー・サウンドのシステムはジャズ、世界民族、アメリカのルーツ・スタイルなどさまざま音楽会場で活躍しました。また、初めてのアメリカン・ミュージックでは、テディスキ・トラック・バンド、ジェイソン・イズベル、400ユニット、ギリアン・ウェルチの3つの大ヒット記録を屋外ガール・ファイナルでお祝いしました。

「メイヤーサウンドを使ってからは、みんな音質の素晴らしさに打ちのめされました」とフェスティバルのエグゼクティブで芸術監督のロブ・ギブソンは言います。「また、私たちが提示するさまざまなスタイルの音楽があるため、あらゆるジャンルの音楽に対応する多彩なシステムが必要でした」


Savannah Music Festival


今年は6つのステージにインストールされたMeyer Soundのさまざまなシステムを通じて、Rhiannon Giddens、North Mississippi Allstars、BélaFleckとAbigail Washburn、Rosanne CashとJohn Leventhal、Pat Martino、Bill Frisellなどのアーティストが参加しました。以前の3つのフェスティバルと同様に、すべてのサウンドシステムは、Roy Drukenmillerの監督の下、アトランタのRock-N-Road Audioによって提供されました。 「私にとって、Meyer Soundの一番の利点は透明性です」とチーフ・サウンド・エンジニア、Chris Evans氏は説明します。「送った信号を、なんの色付けもなくそのまま出してくれます。それは私にとって本当のゲームチェンジャーだったLEOファミリーにとって特に当てはまります。これは大きな前進です。お聞きいただければ直ぐにその違いに気付くでしょう」


  • サウンドシステム


    サバンナのヒルサイド・トラスティー・ガーデンの屋外フィナーレでは、主ステージには、9 つのカーディオイド・アレイとして配備された9つの1100-LFC低周波制御エレメントからの低音をサポートする12個の各LYONライン・アレイ・スピーカーのメイン・アレイが並んでいました。フロントフィルとしてUPJ-1Pスピーカー、MJF-212Aステージモニターでアーティストフォールドバックを供給しました。


    ステージ



    LEOファミリーはフェスティバル屋内会場でも活躍しました。ルーカス劇場のシステムはLEOPARDラインアレイラウドスピーカー16台と4台の900-LFCエレメントで増強されました。トラスティー劇場のM'elodieラインアレイも賞賛を受け、UPQ-1PをベースとするポイントソースシステムはShip of the SeaとMorris Centerで使われました。屋外第2ステージでのすべてのパフォーマンスはJM-1Pスピーカーが担当しました。

    「Meyer Soundとの仕事の素晴らしい点は、アーティストとエンジニアがすべてシステムを愛していることです」とRob Gibsonは要約します。「私たちのような芸術祭では、サウンドは非常に重要です。マイヤー・サウンドは、音楽を通して、人々を全体的かつ意味のある方法でつなぎます。

    アレイ

    全てのシステムは”Galileo GALAXY”によってコントロールされています。


    通常は拡声されていないクラシック音楽のコンサートは、サバンナ音楽祭の別の重要な魅力です。バイオリニストのダニエル・ホープ(Daniel Hope)の指揮のもとに選ばれた今年の演奏家には、マレー・ペラヒア、ロバート・マクダフィ、ピンチャス・ズケーマン、チューリッヒ室内管弦楽団が含まれます。

    1989年にサバンナ・オンステージ・インターナショナル・アーツ・フェスティバルとしてスタートしたこの年の春のイベントは、アメリカとアコースティック・スタイルを中心に17日間にわたる音楽祭に発展しました。各フェスティバルには100以上の公演が予定されており、年間運営予算は340万ドルを超えています。